BLOG

ロンハーマン京都店一周年記念作品&Tシャツ

ロンハーマン京都店の一周年に合わせてカフェスペースのアートを 模様替えしたいとの依頼をいただき、9色の円形作品&全9色を使用した 円形作品1点を製作しました。その作品と合わせて100枚限定のTシャツ のデザインにも関わらせていただきました。御興味ある方は下記ロンハーマンnewsページにて詳細を見れますので御覧くださいませ〜。 Ronhermanxhidutch特設ページ
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

夏祭り

夏祭りというと地元の七夕祭の会場の中に特設スケートランプを設置 して音楽を流しみんなで楽しく滑るSKATEJAMというイベントを開催して います。七夕祭は今年で65回目となる地元の商店街に続いている昔ながらの夏のお祭りです。その中で今年で13年目となるスケートイベントを続けていて、毎年少しずつ変化しながら地元の夏の風物詩となってきました。 つい先日、2020年の東京オリンピックの種目にサーフィンと共にスケート も新たな競技として決まりました。そんな話題も重なり、子供連れの親子や 夏休みということで里帰りしておじいちゃん&おばあちゃんも一緒に立ち止まり、スケートへの関心が集まっている事を感じました。13年目ともなるとそれぞれボランティアで手伝ってくれる仲間同士、役割分担が上手く出来ていて、とてもスムーズな心地好いイベントに成長したな〜とみんながそれぞれ楽しそうにしている姿を見ながら思いました。オリンピック競技になるという事はスポーツとして社会的認知が広まり、競い合うモノとして世の中に広まっていく事になると思います。だけど、自分がスケートボードを子供のころから乗り続けている理由、滑る感覚が気持ち良い、楽しいという競い合うのではなく、自分自身のための必要な遊びとしてのスケートボードを続けていきたいと思うし、年に一回の夏のお祭りで楽しさを分かち合う場所として続けていけたら良いな〜と思います。自分はランプが苦手なのでこの3日間、会場では一度もすべらなかったので、お気に入りのスケートスポットへの滑りに行きたいと思います〜。無理せず、自分自身の楽しみとして一生スケートボードに乗り続けたいです〜。

Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

お仕事体験

実家が徒歩30秒の幼馴染みの息子が小学六年生になり、夏休みの宿題的な「キャリア教育、お仕事体験」という事で今日午後から3時間くらい一緒に過ごしました。最初は興味があるから仕事を体験したいと言われ、自分は独学で稀な仕事をしているので、大丈夫かなぁ〜?という戸惑いもありました。自分も子供のころに何気に夢見ていた「絵を描いて暮らしたい」という思いがありました。ただ、周りにそんな仕事をしている人も居なかったので身近に感じれなかった。その事を考えると興味ある事を見て、体験する事でなにかしらヒントになってくれたらと思い一緒に作品制作行程を見学&体験してもらいました。イメージ画を描いてから木材を切り出し、毛糸を貼り、樹脂作業、研磨して作品を完成させる行程を見て、驚いたり、興味が沸いたりしたようで、良かったです。作業を手伝う時は真剣に緊張しながら作業していました。いつも作品展示を家族で見てくれたりしていて、本人も数年前に展示していた作品を貯めたお年玉で買ってくれるほど、作品に興味を持っくれているので、物作りへの興味深々で関心も高いので、こちらも良い体験になりました。ひとりでも狭い作業場で体験した事が自分のやりたい事へのなにかしらヒントとなり、長く続けられる仕事を見つけるきっかけになったりしたら、嬉しいですね。
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

ピンクフラミンゴTシャツ

グリーンアップルTシャツ同様にピンクフラミンゴ作品を制作し、スタジオにて撮影してもらった写真を元に刺繍をしたTシャツです。このTシャツはPig&roosterのオリジナルボディをベースにBeamstと一緒に考えて作りました。この刺繍、普通の刺繍糸を使用せずに、毛糸で刺繍しました。なので通常の刺繍よりもふんわり柔らかい感じになっています。もしご興味あれば、websiteから購入出来ますので、御覧くださいませ〜。BeamsピンクフラミンゴTシャツサイト
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

先輩方と

先日、ブエノブックから日本のサーフアート?というアートブックがリリースされて、そのキュレーションされたメンバーの合同展が材木座にて開催されました。まだまだ、自分は作品として発表する機会が無い頃に色々な所で見ていた先輩達の作品と共に展示出来た事はありがたいです。子供達が10年、20年〜後にアートブックを見て、新たな物作りに目覚めた子達が「こんな人達がいるんだな〜。」って本を見た時に思えるアートブックを作りたいからという事で企画されたアートブック&合同展でした。これからもコツコツと大好きな物作りを続けていき、様々な物作りしている人達と交流しながら、作品として発表し続けていけたら、嬉しいですね。

Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

平和な世界

7月7日からgreenroom渋谷にて、スマイル作品の新作7点を展示販売しています。以前からグリーンルームのカマヤチ君と作品展示に関して話していました。渋谷店がパルコ内にあり、老朽化のためビル全てが解体される事に伴い閉店すると聞いていたので、最後の展示はどうかな?との事で実現しました。今まで2〜3作品一緒にスマイルを作る事はありましたが、7つオーダーいただき、せっかく一緒に作り展示出来る機会でしたので、笑顔が連鎖してみんなが笑顔になる平和な世界をイメージしました。人種や宗教やそれぞれの国々には色々な考え方があるけど、個人と個人の繋がりから笑顔が拡がる世界になっていって欲しいです。8月7日の閉店まで、壁に飾ってあるので興味のある方は是非足を運んで見てもらえたら、ありがたいです〜。
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(1) | trackbacks(0) |

日本の政治

基本的に政治に関しては、さほど興味が無いです。それは、誰が国会議員、県会議員、市議会委員になってもさほど変化が無いから。と諦めの気持ちからそんな気持ちでした。しかし、自分の身近な所で市長になる人や市議会委員になる人が出てきて、政治に全く無知な自分にも想いを伝えられたり、する機会が少しずつ出てきています。今は国政に重要な参院選2016の投票に向けて各立候補者が選挙運動をはじめています。東京都で立候補している三宅洋平という人がいます。彼はミュージシャンなので、以前何度か彼の音楽を聞く機会があり、共通の友達も沢山いて、3年前も選挙に立候補していて興味を持っています。身なりは自分達の仲間にも多い髭&長髪のまま、選挙に立候補してます。もう少しキチンとした身だしなみをしなさいと親から言い続けられた世代の自分と同じ世代の立候補者です。もちろん、今の国会議員さんの中にも日本のために頑張っている方も沢山いるとは思いますが、今の政治家は身なりはキチンとした風のスーツに清潔感のある人達だけど、見た目では何となくしっかりと国の為に仕事をする様に見えるけど、国の為に働く事を生業にするはずの国会議員の中には利己的な人達もいて信用ならないな〜っていつも思ってました。そんな中、自分達の等身大の風貌の立候補者に興味が湧き、前回、選挙演説に行ったり、色々とインターネットで情報を見たりしています。全て同意見の候補者なんてまず居ないと思うけど、彼の選挙演説を見ていると、かなり賛成出来る話をしているんです。特に憲法改正について、護憲派の彼の意見に賛成です。戦争を正当化し、武力によって争うのだけは止めて欲しいからです。ただ、自分は千葉県民なので、彼には直接的に投票は出来ません。自分は千葉県で立候補している護憲派の人に投票したいなと思いました。今の日本の議席数では、バランスが崩れ、議論にもならない状態です。せめても、公平な議論によって進む道を選ぶ、国政になって欲しいです。せめて、彼のような人が国会に参加して物議を醸し出し、マスメディアも賛否両論しながら議論出来る平和な世の中になって欲しいです。 三宅洋平オフィシャルサイト

Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

青リンゴ

久々にTシャツ用に作品を作りました。 2000年頃から、不定期にTシャツを一緒に作らせてもらっています。 今回は2型発売しようという事を話しているうちに、色からイメージする 物をモチーフに選びました。そのひとつが青リンゴ。英語だとgreenapple。確かに緑色だよね〜、なんで青リンゴって言うんだろう?などと話が脱線しながら作りました。作品を作り、その作品をスタジオ撮影してその写真を元に作ったTシャツです〜。沢山作ってはなく、50枚程度の少量生産のTシャツです。もし、御興味あればwebshopからも買えますので宜しくお願いいたします〜。 BEAMSTwebshop/hi-dutch
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

作る事を楽しむこと

今年も花井君とアメリカの小学校へボランティア活動に行ってきました。子供達が休みの土日の2日間で他アメリカ在住のアーティスト5名と日本から花井君と自分の7名で壁画を描きました。月曜日に登校してきた子供達がいきなり描かれた壁画を興味津々に見ている姿にとても嬉しい気持ちになりました。子供達の笑顔で2日間の疲れも吹き飛びましたね。その後はこのアートプロジェクトに献身的に関わるティムさんの昔の楽曲を子供達がサプライズで合唱、バックバンドには著名なミュージシャンが忙しい中、演奏しにわざわざ来てくれていました。その後は一年間、子供達が描いた絵や作った物の表彰式があり、表彰された子供達はとても嬉しそうで、微笑ましかった。7年前までは低所得者層の親や移民が多く住むエリアにある小学校なので、英語と数学などの基本的ないわゆる勉強の授業しかなく、子供達が楽しみな図工や音楽の授業がなかった。その事に疑問を持った1人の先生がアーティスト達に協力をお願いする事からはじまり、少しずつ理解者や協力者が増えて現在に至る。その一人の先生自体が自ら、この企画を作る事を本気で楽しんでいる事が、回りの人達にも伝達し、現在のような素晴らしいアートプロジェクトに育っているのだと思う。自分の小学校時代を振り返り、もし大好きな図工の授業がなかったら、作る事、絵を描く事の楽しさを知ることは出来なかったと思う。そうしたら、あの仕事で悩み、路頭に迷った時今のような作る事を仕事にしようと気がつけなかったと思う。 1人の先生の行動があの小学校の子供達の中に将来、物作りを生業としたいと夢見る子供が育つきっかけになる事が、自分の事のように嬉しい気持ちになります。来年2017年も関われたら嬉しいな〜。
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

多くの人たちへ想いが伝わりますように

      今年もここ10数年、毎年恒例となっているグリーンルームフェスティバルが終わりました。最初の頃は波を取り合う事を好まない波乗り好きなの人たちが繋がり、新しい緩やかなコミュニティの集いのような雰囲気が会場全体を包むフェスティバルでした。今や多くの企業やマスメディアや行政も注目する横浜を代表する一大フェスティバルとして成長しています。 昔のグリーンルームは良かったと言う声も多く聞きますが、もう成長は止まりません。だって波乗り好きな人たちのコミュニティの温かさは多くの波乗りをしない人たちも共感しはじめて、大きな世界になりつつあるから。ただ、間違った方向だけには広がって欲しくない想いはみんなあると思います。今回はじめてグリーンルーム初期に知り合い仲良くなった花井君と隣りで作品展示しました。きっかけは数ヶ月前に花井君の大好きな小坪漁港にあるポイント用のサーフボードを関澤製作所のヒデ君と作る工程を花井君が忙しい中、撮影して編集まで自らしたいと言ってくれた事がはじまりでした。今回の花井君のたった2日の為に1日かけて描いた壁画と壁掛けの額装された絵3枚と映像とサーフボードの展示には花井君の強い願いがこもっている事を徐々に知る事になりました。大好きな波乗りする場所、海、自然を守りたいという想いを来場する多くの人たちへメッセージとして届けたいという作品展示でした。海への注目に便乗した過剰な自然開発、自然との共存共栄を軽視した行政や企業の無意味な自然破壊は何とか止めたいと。多くの人たちが海、波乗りに注目をしてくれている事は嬉しい事だけど、変な方向には広まって欲しくないですね。海は誰の物でもない自然の物、波乗りを通じて海が大好きな子供たちが増えて、自然を大切にしたい想いが未来に脈々と繋がっていったら嬉しいな〜。
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |
コンタクト画像.jpg instagram-logo-288x250.jpg SOMEHOW.jpg insanfrancisco.jpg 0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e4.jpg 235.jpg 235image.jpg 235.jpg bunner.jpg exhibition_wavecircle.jpg

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

Categories

Recent entries

Archives

Profile

Feeds

Search

QR code

qrcode