BLOG

先輩方と

先日、ブエノブックから日本のサーフアート?というアートブックがリリースされて、そのキュレーションされたメンバーの合同展が材木座にて開催されました。まだまだ、自分は作品として発表する機会が無い頃に色々な所で見ていた先輩達の作品と共に展示出来た事はありがたいです。子供達が10年、20年〜後にアートブックを見て、新たな物作りに目覚めた子達が「こんな人達がいるんだな〜。」って本を見た時に思えるアートブックを作りたいからという事で企画されたアートブック&合同展でした。これからもコツコツと大好きな物作りを続けていき、様々な物作りしている人達と交流しながら、作品として発表し続けていけたら、嬉しいですね。

Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

日本の政治

基本的に政治に関しては、さほど興味が無いです。それは、誰が国会議員、県会議員、市議会委員になってもさほど変化が無いから。と諦めの気持ちからそんな気持ちでした。しかし、自分の身近な所で市長になる人や市議会委員になる人が出てきて、政治に全く無知な自分にも想いを伝えられたり、する機会が少しずつ出てきています。今は国政に重要な参院選2016の投票に向けて各立候補者が選挙運動をはじめています。東京都で立候補している三宅洋平という人がいます。彼はミュージシャンなので、以前何度か彼の音楽を聞く機会があり、共通の友達も沢山いて、3年前も選挙に立候補していて興味を持っています。身なりは自分達の仲間にも多い髭&長髪のまま、選挙に立候補してます。もう少しキチンとした身だしなみをしなさいと親から言い続けられた世代の自分と同じ世代の立候補者です。もちろん、今の国会議員さんの中にも日本のために頑張っている方も沢山いるとは思いますが、今の政治家は身なりはキチンとした風のスーツに清潔感のある人達だけど、見た目では何となくしっかりと国の為に仕事をする様に見えるけど、国の為に働く事を生業にするはずの国会議員の中には利己的な人達もいて信用ならないな〜っていつも思ってました。そんな中、自分達の等身大の風貌の立候補者に興味が湧き、前回、選挙演説に行ったり、色々とインターネットで情報を見たりしています。全て同意見の候補者なんてまず居ないと思うけど、彼の選挙演説を見ていると、かなり賛成出来る話をしているんです。特に憲法改正について、護憲派の彼の意見に賛成です。戦争を正当化し、武力によって争うのだけは止めて欲しいからです。ただ、自分は千葉県民なので、彼には直接的に投票は出来ません。自分は千葉県で立候補している護憲派の人に投票したいなと思いました。今の日本の議席数では、バランスが崩れ、議論にもならない状態です。せめても、公平な議論によって進む道を選ぶ、国政になって欲しいです。せめて、彼のような人が国会に参加して物議を醸し出し、マスメディアも賛否両論しながら議論出来る平和な世の中になって欲しいです。 三宅洋平オフィシャルサイト

Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

作る事を楽しむこと

今年も花井君とアメリカの小学校へボランティア活動に行ってきました。子供達が休みの土日の2日間で他アメリカ在住のアーティスト5名と日本から花井君と自分の7名で壁画を描きました。月曜日に登校してきた子供達がいきなり描かれた壁画を興味津々に見ている姿にとても嬉しい気持ちになりました。子供達の笑顔で2日間の疲れも吹き飛びましたね。その後はこのアートプロジェクトに献身的に関わるティムさんの昔の楽曲を子供達がサプライズで合唱、バックバンドには著名なミュージシャンが忙しい中、演奏しにわざわざ来てくれていました。その後は一年間、子供達が描いた絵や作った物の表彰式があり、表彰された子供達はとても嬉しそうで、微笑ましかった。7年前までは低所得者層の親や移民が多く住むエリアにある小学校なので、英語と数学などの基本的ないわゆる勉強の授業しかなく、子供達が楽しみな図工や音楽の授業がなかった。その事に疑問を持った1人の先生がアーティスト達に協力をお願いする事からはじまり、少しずつ理解者や協力者が増えて現在に至る。その一人の先生自体が自ら、この企画を作る事を本気で楽しんでいる事が、回りの人達にも伝達し、現在のような素晴らしいアートプロジェクトに育っているのだと思う。自分の小学校時代を振り返り、もし大好きな図工の授業がなかったら、作る事、絵を描く事の楽しさを知ることは出来なかったと思う。そうしたら、あの仕事で悩み、路頭に迷った時今のような作る事を仕事にしようと気がつけなかったと思う。 1人の先生の行動があの小学校の子供達の中に将来、物作りを生業としたいと夢見る子供が育つきっかけになる事が、自分の事のように嬉しい気持ちになります。来年2017年も関われたら嬉しいな〜。
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

多くの人たちへ想いが伝わりますように

      今年もここ10数年、毎年恒例となっているグリーンルームフェスティバルが終わりました。最初の頃は波を取り合う事を好まない波乗り好きなの人たちが繋がり、新しい緩やかなコミュニティの集いのような雰囲気が会場全体を包むフェスティバルでした。今や多くの企業やマスメディアや行政も注目する横浜を代表する一大フェスティバルとして成長しています。 昔のグリーンルームは良かったと言う声も多く聞きますが、もう成長は止まりません。だって波乗り好きな人たちのコミュニティの温かさは多くの波乗りをしない人たちも共感しはじめて、大きな世界になりつつあるから。ただ、間違った方向だけには広がって欲しくない想いはみんなあると思います。今回はじめてグリーンルーム初期に知り合い仲良くなった花井君と隣りで作品展示しました。きっかけは数ヶ月前に花井君の大好きな小坪漁港にあるポイント用のサーフボードを関澤製作所のヒデ君と作る工程を花井君が忙しい中、撮影して編集まで自らしたいと言ってくれた事がはじまりでした。今回の花井君のたった2日の為に1日かけて描いた壁画と壁掛けの額装された絵3枚と映像とサーフボードの展示には花井君の強い願いがこもっている事を徐々に知る事になりました。大好きな波乗りする場所、海、自然を守りたいという想いを来場する多くの人たちへメッセージとして届けたいという作品展示でした。海への注目に便乗した過剰な自然開発、自然との共存共栄を軽視した行政や企業の無意味な自然破壊は何とか止めたいと。多くの人たちが海、波乗りに注目をしてくれている事は嬉しい事だけど、変な方向には広まって欲しくないですね。海は誰の物でもない自然の物、波乗りを通じて海が大好きな子供たちが増えて、自然を大切にしたい想いが未来に脈々と繋がっていったら嬉しいな〜。
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

苦手な物

      先日の海帰りに成田空港近くの飛行機の通り路にある公園に寄り道しました。10代の頃からインドネシア、ハワイ、カリフォルニア、台湾、香港、スペイン、フランス、スイスなど波乗りや仕事の為に海外に行く機会は沢山あるのですが、どうしても好きに慣れないのが、飛行機。。 海に囲まれた島国に住む日本人は海外に行くには、飛行機か船に乗らなければ国外の旅に出ることは出来ないので、飛行機は避けれません。。 海外の旅は日常では味わえない、新たな発見や新たな出会いや経験が出来るので大好きですが、飛行機は苦手です。今週末の横浜赤レンガにて開催されるグリーンルームフェスティバルが終わると、6月3日〜6月11日までカリフォルニアへの出張があります。ここ数年毎年恒例になっているカリフォルニアの旅は毎年楽しみですが、飛行機に乗るのは憂鬱です。。
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(1) | trackbacks(0) |

日本から世界へ

      先日、BEAMSjapanと言う名の新宿に6階建て?全フロア全てを日本製品、日本のアイデアを凝縮した物を詰め込んだお店が開店しました。自分も数ヵ月前から何かそのお店用に物作り出来ないか?と相談されていまして、日本らしい物としてフクロウ「福来」の樹脂製品を納品させていただきました。作品製作時にでる端材の毛糸を樹脂作業の際に余る樹脂で固めた成形物です。日本のことわざの残り物には福があると言う言葉をヒントにしました。今回オープニングパーティー時に大にぎわいの中、店舗内を少し見ただけでも、日本を代表するセレクトショップならではの日本国内で作られた物が全国各地から集められていて、世界各国から集まる観光客の方からも注目を集める場所になるでしょうね。様々な日本の文化を発信する場として機能してくれたら嬉しいです。
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

交流

     何年目になるだろう?ヒデくんと知り合った時から毎年恒例のグリーンルームフェスティバルにアートワークを手掛けさせてもらい、サーフボードを作品と共に展示している。今年はヒデくんの今、一番削りたい板にアートワークを入れようと話していた。シェイプ&アートワーク作業の約束の日の前日電話すると「花井君の板を削ってアートワーク入れましょ〜。映像も録るみたいですよ。」と言われ、突然言われてビックリ!うーん、そうなると毛糸の色味が違うかなぁ?など考えて、準備をしてヒデくんの所に向かいました。いきなりの3人のセッション、以前から幾度も一緒に何かする事の多い二人との掛け合いは毎回とても新鮮で楽しいです。普段は各々自らの活動を続けていて、こんな風に要所で交流させてもらえるのはありがたいです。各々が自分の道を切り開きながら成長していく過程で互いに刺激を受けながら物作りしていけるのは貴重な体験です。映像も一緒に展示出来たら?なども話しているので、グリーンルーム展示はじめて以来、初の花井君と隣り合わせにしたいですね。もし、お時間あれば、無料で入れるギャラリースペースでの作品展示なので、是非お越しくださいませ〜。自分も2日間作品展示場所に居ますので、宜しくお願いいたします!
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

誰もいない海へ

     昨日は毎週恒例の日曜朝一組にて海へ。波も小さいだろうし、最近のお気に入りのテトラ脇はローカルのショートボーダーの人が入って来るとあまり乗れないので、時間帯をずらしまだ潮の多い時間を狙い、いつもより早めに夜明けと共に入水出来る時間帯に行きました。久々の誰もまだ入っていない海に乗れそうな小ぶりの綺麗な波を見たら、テンションは上がり早々に1人先にパドルアウト。以前は良くこの感覚が好きで早起きしていた事を思い出しました。波の良し悪しも左右するが、誰もいない海へパドルアウトして一本目の波に乗るワクワク感はたまりませんでした!早起きは三文の徳と言いますが、まさに早起きは素晴らしく気持ち良いことを再認識しました。この感覚にはまりそうです〜☺
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

教訓

  

 自分の若き日からお世話になった人が天国に行ってしまいました。自分の人生にかなりの影響を与えてくれた方でした。10代の頃に波乗りにはまり、近所のサーフショップに通うようになり、店員になり海外に商品の買い付けに行かせてくれたり、国内外のサーフ業界の人達と知り合う機会を与えてもらいました。今の人生の礎を築くのに欠かせない考え方も沢山教わりました。色々な事を経験し、色々な事に挑戦し、自分がまず楽しむ事。そうすれば、自ずと道は開けると体現して教えてくれました。自主的にやりたいと言う事に文句も言わず、好きなようにやらせてもらいました。そうして知り合って来た人達に支えられながら、そして大好きな物作りに関わる基盤を作る事が出来て現在に至ります。もうすぐその方のお通夜、告別式があるので過去のお店に関わる歴史が見れる写真を預かり、思い出コーナーを作る事になりました。数多くの著名な方達との交流の歴史や、お店で知り合ってきたお客さん達や、スタッフ達と開催された交流イベントの写真などを見ながら、自分の思い出も共に振り返えらせてもらっています。自分の現在に至るまでに関わってきた人のおかげで現在がある事をまた再確認させていただきました。色々大事な経験させてもらってきた事に感謝しています。謹んで御悔やみ申し上げます。
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |

壁画

     昨日は午前10時〜午後6時まで8時間で壁画を描きました。後輩夫婦が営むバイク屋さんの壁に描かせてもらいました。お父さんがはじめた商売を二代目として継ぎ、お父さんの時代からのお客さんに対応しつつ、新たなお客さんとの交流を広げ、お店をきりもりしています。今回は壁を新しい木の壁にリニューアルしているのを知り、直径約160cmの円形の壁画を描く流れになりました。2色を使用した円形のシンプルな壁画は自分なりにも納得出来る物になりました。6月にアメリカの小学校の壁に描く機会もあるので、イメージがまた膨らみました。少しずつ新たな事に挑戦していきたいと思います。
Instagram
| Posted by hi-dutch | comments(0) | trackbacks(0) |
コンタクト画像.jpg instagram-logo-288x250.jpg SOMEHOW.jpg insanfrancisco.jpg 0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e4.jpg 235.jpg 235image.jpg 235.jpg bunner.jpg exhibition_wavecircle.jpg

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Categories

Recent entries

Archives

Profile

Feeds

Search

QR code

qrcode